FC2ブログ

Entries

デッキのヘコミ


サーフボードのデッキはワックスが塗られているので
傷があっても分からないものですね。

水温によって使用するワックスの硬さが異なります。
そろそろワックスを塗り直すタイミングになると思いますので、
傷が無いか?など、点検しましょう。


wax1.jpg

あえて光を入れてスジが見えるよう写真を撮りましたが、
パッと見たところスジには気づかないと思います。

これは、ただの ヘコミ でしょ?
表面だけの傷でしょ?

そんな風に思われる方が大半だと思います。


でもね、

これ、

wax2.jpg

テッシュで表面を拭いたら、
スジが薄くなりました。

ボード内に染み込んだワックスの油分が浮きがってスジがハッキリと見える状態だったのです。


ちょっと深めのヘコミがあったら要注意です。
もしスジのようなものが見えたら、
テープなどで保護して下さい。

変色、剥離してからでは遅いので、
早めにお近くの専門店で診てもらって下さいね。



これは傷かな?
大丈夫かな?

よく分からない・・・という方、
傷の診断、アドバイスは無料で行っておりますので
お近くにいらした際はお気軽にお立ち寄り下さい。

あっ!
ボードをシッカリ診れるよう
ワックスなどの油分や汚れが無い状態でお持ち下さいね。


※ご来店前に アミューズホームページ にて
営業日、営業時間などご確認下さい。

出発前にお電話下さると確実です。
ご不便をお掛け致しますが宜しくお願い致します。





スポンサーサイト

傷の写真


板の修理できるかな?
と、弟より写真が送られてきました。

送られてきた写真がコレ


dhd nose 1

dhd nose 3

dhd nose 2


弟も小学生からサーフィンを始め、
キャリアも長く、上手ですが
一般企業に勤めるサラリーマンサーファーなので
サーフボードに関しての細かい事はわかりません。

わかる範囲で破損状況を教えてもらいました。

ボトムは問題なく、
ストリンガーが断裂しているようだ。

ふむふむ・・・


だいたいの費用を伝え、
修理したいとの事でしたのでサーフボードを受け取りました。


そして、

現物を見てビックリ!


dhd nose 4

酷いじゃん!



皆様からのお問合せでも、
このような相違が多々ございます。

お電話でのお問合せも同様です。
わりと軽傷に表現される方が多いように感じます。


修理費用の目安をお知らせするにあたり、
とても難しいところでもあります。





小波 ライダー

季節の変わり目

そろそろ少し固めのワックスを塗ろうと思って
古いワックスを剥がして、
点検も兼ねてボードのクリーニングをしました。


2018 6 28 1


これ、酷いでしょ?

わたしの仕業。。。

小波ばかり追いかけるから?
癖なのかな?

わたくし本人は全く記憶にございませんが、
アゴでゴリゴリしてるから、こーなるのよね。


2018 6 28 2


ストリンガーに沿ってクラックがビッシリ。
剥離の原因になる怖い傷です。


足で踏み込む部分が剥離するなら納得できるけど、
アゴで剥離させるって・・・
ダメ子でしょ~

とても気に入ってる板なんだけど、
傷を見つけたからには、もう乗れません。


レイルやテイルの傷ばかり気にしてる人が多いけど、
この傷の方が よっぽど 怖いの。


今、忙しくて修理できないので、
しばらく、このボードくんは休憩させます。

久しぶりに古い板でも乗ろうかな♪






デッキ剥離

hakuri 2

サーフボードの剥離


どんな状態を 「 剥離している 」 というのでしょう?

・ プーッと膨らんでいる
・ 指で押すとヘコむ、柔らかい感じがする。



剥離しやすい場所は?

・ デッキ
ボードの長さに関わらずナンバーワン!
剥離の8割くらいがデッキです。



なぜ剥離するの?

・ 踏み込んだり、波待ち、ドルフィンなどでデッキ面はヘコミます。
しかし、ストリンガー(サーフボード中央の木材)は硬いのでヘコむ事はありません。
硬さの相違でストリンガーに沿ってグラスが割れ、
傷から浸水する事が主な原因です。

考えられる原因は他にもありますが、
ストリンガー沿いのクラックを放置された事による剥離が多いです。

hakuri 3

こんなの平気、平気、
表面のスリ傷でしょ~!と思われる方が多いと思います。

でもね、これが最も怖い傷なのです。


すぐに修理できない場合は、
浸水しないようリペアテープで保護しましょう。
テープだけでも、かなり違います。

クラックがたくさん見られる場合は
早めに専門店へご相談下さい。


すでに剥離の症状が出ている、
ちょっとフカフカと怪しいな~という場合は要注意!

これから暖かくなります。
気温の上昇と共に剥離は広がりますので、
症状が当てはまるという方、
早めに修理をオススメします。


剥離しているか?よくわからないという方は
アミューズにいらして下されば、その場で無料検査します。
※ワックスを剥がして汚れの無い状態でお持ち下さい。


剥離したボードは修理しても再破損する。
修理できない。と断られた方、

諦めないで下さい!


せっかく費用をかけて修理するのですから。
再破損しないような修理をしていますので安心してオマカセ下さい。

リメイクも可能です。

詳しくは アミューズホームページ ご覧下さい。




フィンボックス

フィンボックスに猫のヒゲみたいな
小さなクラックがありました。

mabo blog

よくある傷です。

クロスで補強するだけで十分な傷ですが、
たまに大きな問題が隠れているので、
一応、ボックス本体にグラツキが無いか?検査しました。


あれ??

おかしいぞ・・・


ユルユルとした感触があり、

まさか!

ボックスの内部をライトで照らすと、
根元が割れていました。


box.jpg
クリックすると大きくなります。


ボックスの根元に亀裂。
見えますか?

このような破損はボックス交換となります。


ライディング中、
フィンには強いチカラが加わっています。

ボックスまわりにクラックを発見した場合、
早めに修理すれば大きな破損は避けられます。



長年、愛用してきた相棒。

修理がてらの検査をしていますので、
気になる事がございましたらお気軽にご相談下さい。




Extra

プロフィール

nissy

Author:nissy
アミューズサーフショップを開店して18年。
ボードの製造はもちろん、壊れてしまったボードを蘇らせる事にもチカラを入れてます。
強度、ホードのバランス、見た目も重要だと思っています。
できる限り傷跡が出ないよう作業を進めていますが、どうしても傷跡が出てしまう場合は修理跡が目立たないようなリメイクなどをご提案しています。
お客様のボードですが、もし私の板だったらどうやって修理する?どんな風になったらいいと思う?と思いながら仕事をしています。
大切なボードさんが元気になれるよう皆様の手助けができると嬉しいです。

修理の本数が多いので掲載できないボードもございますが、アミューズサーフショップのホームページにて紹介していますので見て下さい。

最新記事

最新トラックバック