Entries

フューチャーボックス破損 再修理

Almerrick FRED RUBBLE 2

右側のフィンボックスが破損して修理業者に出したそうです。
ボックス交換したと言われたけれど、
フィンの立ち具合など様子がおかしいので見てもらえますか?
と、ご来店されました。

う~ん、
どう見ても怪しいよね。
旧モデルのフューチャーボックスが入ってるし。

Almerrick FRED RUBBLE 1

ボックスを取り除いたら、やっぱり。

酷いよね。



修理完了後のお写真は
アミューズサーフ ホームページに掲載しました。





スポンサーサイト

サーフボード リペア ポリエステル 更新

kizu poly fin fcs deck 2_1

kizu poly fin fcs deck 2_2


アミューズサーフショップ
サーフボード修理 ポリエステルコーナー
いろいろ 更新 しました。


FCSプラグの上、
デッキパッチで半分くらい隠れるので見落としがちですが、
ゴツゴツと骨ばってスジがあったら要注意です。

使用されていれば、どなたのボードにも起こる現象です。
私のボードも割れました。

浸水する傷ですので早めに処置してあげて!


この丸い跡。
FCSの丸いプラグが入っているボードに見られます。
正式な方法でFCSが埋め込まれている証拠でもあります。

※ FCS2、Fusion、Future、エポキシやカーボンなど特殊な素材のボードに丸い跡はありません。

FCSの丸プラグが入っているのにデッキ側に丸い跡が無いというのは怪しいです。
海外で製造されている激安ボードには、この丸い跡が見られない事があります。
正式ではない方法で埋め込まれていると強度が弱く破損しやすいように思います。

ですので、
この丸い跡は悪いものではなく標準です。
心配しないで下さい。



ドナルドタカヤマ Model-T

blog 626

Takayama Model-T 9'6"
ドナルドタカヤマ モデルT

アミューズサーフ横浜のホームページ
リペア レストアコーナー に UP しました。


線が入っているようなボトムの修理跡はAmuseで修理したものではありません。
シッカリ修理されていましたので、他の傷んでいる部分を修理しました。
詳しくはホームページにて~




サーフボード破損 再修理

webstar 1

webstar 2

樹脂を注入した修理跡。
不完全な修理のまま長期使用していた為、
修理跡の周りが大きく剥離していました。

ステッカーを貼っていたので
再破損に気づかなかったと思います。


腫れているような、膨らんで見える、
割れているような、スジが見える場所を指で押すとプクプクする、
こんな症状があったら要注意。

暖かくなってきたし、
ワックス塗り替えのタイミングなどでボードさんを検査して下さい。

ハフハフ。。。ぷくぷく。。。していた場合は
水が入らないようテープで保護して下さい。

剥離は広がりますので、
放置せず、なるべく早い段階で、
お近くの専門店で見てもらって下さい。



アミューズサーフ横浜のホームページ
リペア ポリエステルコーナー に修理完了後の写真をUPしました。

良かったら見て下さい☆彡





オーバーホール

andreini.jpg

Andreini アンドレイニ

せっかくのボードさんが、
悲惨な事に。

前オーナーさんがデッキのリグラスを施したようです。
市販のクロス幅には限界があるので、
規則的な切り替えが見られます。

使用されたボードのデッキはデコボコしているので、
これを剥がすだけで一苦労。
マシンだけでは綺麗に剥がれませんので、
細かい部分は全て手作業です。


仕上がりのお写真は、
アミューズサーフショップ
ホームページ レストアコーナー にて UP しました!


リメイクコーナー も UP してるので
ミテミテね~。





Extra

プロフィール

nissy

Author:nissy
アミューズサーフショップを開店して18年。
ボードの製造はもちろん、壊れてしまったボードを蘇らせる事にもチカラを入れてます。
強度、ホードのバランス、見た目も重要だと思っています。
できる限り傷跡が出ないよう作業を進めていますが、どうしても傷跡が出てしまう場合は修理跡が目立たないようなリメイクなどをご提案しています。
お客様のボードですが、もし私の板だったらどうやって修理する?どんな風になったらいいと思う?と思いながら仕事をしています。
大切なボードさんが元気になれるよう皆様の手助けができると嬉しいです。

修理の本数が多いので掲載できないボードもございますが、アミューズサーフショップのホームページにて紹介していますので見て下さい。

最新記事

最新トラックバック