Entries

新しい リーシュコード

prolite.jpg

ProLite
プロライトは初めて使います。
エンジ×パウダーブルーという配色が気に入りました。
すぐ使えるよう ウネウネ を伸ばしています。


過去にリーシュが切れて大変な思いをしましたので、
毎年、新しいものを使うようにしています。

そんなに大きな波ではありませんでしたが、
テイクオフ寸前で、もう波が割れる、遅い!と自覚してストップしました。

ところが、
ボードだけ持って行かれて、

ズコーッ!と引っ張られるはずの足が、

ポツッ・・・と

軽くなりました。

そして、

板だけ波に乗って流れてゆきました。


私は泳ぐのが得意ですが、
次から次へと波が割れる中で泳ぐのは、なかなかハードです。

リーシュでボードと繋がっていれば、
巻かれても必ず浮き上がる事ができますので
これは、まさに 「 命綱 」 です。

古くても使えればイイや。
切れてから買えばイイや。

とても危険です。

リーシュが切れて、
流れたボードで他人を傷つけてしまう可能性だってあります。


毎年、新しいものを使うのは大変だと思いますので、
2年くらいで交換する事をオススメします。



台風が去った火曜日は天気も回復して良さそうですね。
準備体操している皆様、エンジョイサーフィング~!



スポンサーサイト

BULLY'S ブリーズ ドッグリーシュ

bullys 1


お友達のココナッツくん(ポメラニアン7歳)と一緒にランニング♪

BULLY'Sのリーシュと同じ素材のワンコ用リード。
軽くて、頑丈で、カッコイイ。

伸び縮みするリードの方が動きを自由にさせてあげれますが、コードを収納する部分が重くて走りずらかったので、このドッグ用リーシュを使ってみました。
ひょいと腕に引っ掛けるだけで違和感なく走れます。
凄くイイです。


お好みの色をお取り寄せできます。
ブラック、クリアブルー、イエロー、ピンク、パープル、グレー

Sサイズ カラー部分150cm、太さ5.6mm
Lサイズ カラー部分159cm、太さ5.6mm

Sサイズ、Lサイズ、ともに3500円+消費税です。

このブログをご覧下さった方はお値引き価格にて☆
お気軽にお問合せ下さい。



GLITTER


My favorite collection.

IMG_2242s.jpg

新しいオモチャ

世界最小一眼!
欲しぃぃ~!

カメラ小僧だった工場長に相談したら、
「まず手にフィットするか触ってみたら?」と言うので店頭へ行ってみたけど、レンズが大きいよね。
バックに忍ばせて~♪という感じでも無さそうなので、進路変更。


kamera_1.jpg

Nikon COOLPIX AW100
防水デジカメをGETしました!

ずーっとルミックスを愛用していました。
不具合や故障もなく非常に使いやすいので、
今回も≪FT-3≫を購入しようと思ったんだけど、
店頭で・・・また変更。

迷彩ジャケットに心を奪われました(>_<)
防水デジカメの中でイチバン軽かったのが決め手だったかな。

ほら、一応、女の子だし~
少しでも軽い方がイイもんね。


フローティングなどの小物が揃っていないので、
海で使用するのは来年からになりそうですが、
ドキドキ・・・楽しみです。



サーフィンのお供

≪≪ KAI TOWEL カイ・タオル ≫≫
Kai はハワイ語で「海」という意味。

kai.jpg

kai_2.jpg

これ、すごいんです!

普通のバスタオルよりも毛足が長くて、とてもソフトな肌触り。
何回洗濯しても柔軟剤を使わなくてもソフトタッチは変わりません。
海から上がったら、まず、バフッ!と顔を埋めてスリスリ♪
う~ん、マンダム。

吸水性はコットンの5倍!
そして4倍の速さで乾きます。
毛足が長いのに不思議だよね。

ヨーロッパでは敏感肌やアトピーなどアレルギーを持った人たち専用のタオルがあるそうですが、このタオルも同じ効果があり、開発に5年程かかったそうです。
開発者はピースでスマイリーなサーファーです☆

発売されたばかりの商品です。
お問合せ先は・・・

OSOULIGHT.CO
KAI TOWEL Project
sadatox@i.softbank.jp

イベントの協賛なども行ってます。




Extra

プロフィール

nissy

Author:nissy
アミューズサーフショップを開店して18年。
ボードの製造はもちろん、壊れてしまったボードを蘇らせる事にもチカラを入れてます。
強度、ホードのバランス、見た目も重要だと思っています。
できる限り傷跡が出ないよう作業を進めていますが、どうしても傷跡が出てしまう場合は修理跡が目立たないようなリメイクなどをご提案しています。
お客様のボードですが、もし私の板だったらどうやって修理する?どんな風になったらいいと思う?と思いながら仕事をしています。
大切なボードさんが元気になれるよう皆様の手助けができると嬉しいです。

修理の本数が多いので掲載できないボードもございますが、アミューズサーフショップのホームページにて紹介していますので見て下さい。

最新記事

最新トラックバック