Entries

ウェットスーツ オーダー

wet 3

ウェットスーツを作るとき、
全身を採寸します。

腕の付け根、上大腕、大腕、肘囲、肘下、手首、
腕だけでも6か所を計測します。

ショートジョンやスプリングを注文するにしても 「全身を測って下さい」 とウェットスーツメーカーから指導されています。
立体的な数値を出すために全身の数字が必要だという事です。

初めてオーダーされる方は
お時間に余裕のある時にご来店下さい。

アミューズにてオーダーシートを保管していますので、
以前、オーダーした事のある方は簡単にオーダーできます。

筋肉が増える、胸囲、上大腕、
お肉が増減する、腹囲、尻囲、
その他、お客様が気になる部分は再計測が必要ですが、
骨格が変わる事は無いので、
肩幅、裄丈、袖丈など半分以上の採寸は省けます。


お好みのカラー生地をご指定頂けます。
マークの位置もご指定頂けますし、デザインも選んで頂けます。
とにかく、ぜーんぶ、決められます。

色々と選べるからこそ、迷いますね。

特に生地の色を選ぶときに悩みます。
霜降り柄のメランジジャージもカッコイイしね。



私もシーガルを発注しました。
希望校に受かればウェットスーツをオーダーしてくれるという親との約束から何着目だろうか。
思いつく配色は制覇して、ネタ切れ。

なので、リバイバル。

むか~し、好きだった ピスタチオ という色に決めました。

ピスタチオを食べるたび、
薄皮を剥いて色を確かめ、
ウェットと色味が違う・・・と思っていた頃が懐かしい。

出来上がりは3週間後。
届いたら写真をUPします。




スポンサーサイト

Extra

プロフィール

nissy

Author:nissy
アミューズサーフショップを開店して18年。
ボードの製造はもちろん、壊れてしまったボードを蘇らせる事にもチカラを入れてます。
強度、ホードのバランス、見た目も重要だと思っています。
できる限り傷跡が出ないよう作業を進めていますが、どうしても傷跡が出てしまう場合は修理跡が目立たないようなリメイクなどをご提案しています。
お客様のボードですが、もし私の板だったらどうやって修理する?どんな風になったらいいと思う?と思いながら仕事をしています。
大切なボードさんが元気になれるよう皆様の手助けができると嬉しいです。

修理の本数が多いので掲載できないボードもございますが、アミューズサーフショップのホームページにて紹介していますので見て下さい。

最新記事

最新トラックバック